看護師の勤務形態と収入について

看護師の勤務形態について

看護師の勤務形態多岐にわたるのですが、通常はサラリーマンやOLと同じように、朝から夕方にかけて日勤の看護師が多くなっています。
特に訪問看護をしている人や、クリニックなどで看護師をしている人などはこのような勤務形態が一般的ですが、大きな病院で勤務している人はそうもいきません。
大きな病院は24時間体制で勤務をする為、勤務時間がバラバラになる事もありますし、夜勤をしなくてはいけない事もあるでしょう。
看護師は、夜間勤務などをはじめとして、ある程度不規則な勤務形態もあることを、頭に入れておきましょう。
しかも、看護師になったばかりの人は、必ず大きな総合病院などである程度の経験を積まなくてはいけない為、看護師の仕事をしていく上では避けて通れない道と言えます。
勤務時間以外にも看護師は色々な仕事によって色々と種類が分かれているのです、以前ならば看護師と言えば正社員で働くのが一般的でしたが、最近では契約社員として採用している場合もありますし、場合によってはアルバイトやパートとして採用している所も増えてきましたが、アルバイトやパートの場合は看護師だけではなく、准看護師の募集もたくさん行っています。
その他、気になるのは収入や福利厚生の面。ここでは、看護師の待遇について、気になる点を取り上げます。
契約社員は正社員とそれほど変わりませんが、残業が無い場合や契約期間中は常に同じ時間に勤務できるという利点もあるので、今後はもっと色々な勤務形態が増えていくでしょう。

 

看護師の雇用形態の特徴

護師の求人情報を見てみると「正職員」「パート」「派遣」といった雇用形態があります。それぞれの働き方によって、同じ現場での仕事であっても、給与や待遇は違ってきます。各々の特徴を把握してどの働き方が自分に向いているか考えてみることが懸命です。

 

看護師の勤務形態,収入

正職員の雇用の特徴

看護師の正職員の求人情報を見てみると、高待遇の設定を考えている求人先がほとんどです。そして仕事の内容も、責任あるものを任されるといえるでしょう。正職員ならではの特徴といるでしょう。

 

 

看護師の勤務形態,収入

パートの雇用の特徴

自分のスケジュールに合わせて働きやすいのがパートの特徴の一つです。看護師のパートの時給は一般のパートよりも高額で、看護師資格のある人にとっては人気も高い雇用形態といえます。家庭を持っている看護師におススメの勤務形態といえます。

 

 

看護師の勤務形態,収入

派遣社員の雇用の特徴

看護師にも派遣社員が増えてきました。派遣社員には独特の特徴が沢山あります。派遣会社を通す独自の契約方法なので、派遣会社に登録しておく必要があります。。